地球暮らし

オーストリアで感じること

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆらゆらモビール

娘の部屋に飾っていた1歳のお誕生日の飾りを外し、
北欧風の気球のモビールをつけました。

以前、モビールを探していてネットで見つけた商品。
こちらでは手に入らないし(日本より北欧に近いのに!)、
何となく高いなぁと感じてしまうお値段(約¥4,000)。
自分で作っても良いかな、と無地カード用の少しきれいな厚紙を買ってきて作りました。

既製品の計算し尽くされたバランスには及ばないけれど、
静かな部屋でもわずかな空気の流れを感じて動き、娘も喜んで眺めているから良しとします。

べビーベッドを娘の部屋に移動したので、
ベッドの上だと気になって寝られないかな?との思いで、窓際へ。

ついこの前まで私がいないと夜中も眠れないと思っていたのに、
寝かしつけ後は平気で一人で寝て、
朝、目を覚ましても泣かずにゴソゴソしている(その音を聞いて、私が私たちの寝室に連れていく)なんて、
成長の早さにやや寂しさを感じます。


P1090204.jpg
スポンサーサイト

| 日々のこと | 21:23 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

葡萄畑でバーベキュー

ヴァッハウのワイン生産者、ニコライホフ Nikolaihof のジュニアが、
今年もBBQに誘ってくれました。
場所はニコライホフのぶどう畑がある、ドナウ川を眺める山の上。
最高のロケーションです。
そこに小さな山小屋とベンチやテーブル、BBQができる竃があります。

グリル担当のニキ(Jr.)が火をおこしている間に、アペリティフを飲みながらみんなでいろいろ用意します。
去年は授乳中で飲めなかったけど、今年はお酒も思う存分楽しめます!
ニキがイノシシ肉のいろいろな部分を、タイミングを見計らって次々と焼いてくれます。
(去年あまり食べられなかった反省を生かし、私はお昼はお肉を控えて臨みました)

日中は35℃を越える暑さでも、夕方には少し過ごしやすくなって、でも21時すぎまでは外は明るく。。。
みんなサマーパーティーやBBQを楽しんでいます。


P1080893.jpg

P1080898.jpg

| 季節ごと | 23:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

クッションカバー新調

はたして、まだ見てくれている人いるのかしら?と思いながら、久しぶりの更新です。

新居がようやく落ち着いてきて、新しいインテリアに合わせてクッションカバーを新調しました。
ウィーンにあるお気に入りの生地屋さん、シュトッフサロン Stoffsalon で、 ずっと気になっていたインテリア用の生地。とっても素敵だけれど高いのでなかなか手が出ずにいつも眺めているだけでしたが、この生地で作ったクッションの写真を見て一目惚れ。新居を理由に私も生地を選んで作りました。

前回のクッションカバーはファスナーなしで簡単に作った物でしたが、
今回は裏表で別布を使うのでファスナーをつけました。
中学校の家庭科でスカートを作った際にファスナーの付け方は習ったものの、
それ以降一回もファスナーをつけたことがなかったので付け方をすっかり忘れて敬遠していましたが、作ってみたらとっても簡単!前回よりきれいにできました。


P1080633.jpg

P1080635.jpg

| 日々のこと | 14:26 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お引っ越し

書きたいことはいろいろあったけれど、
引っ越し準備などに追われて日が経ってしまいました。

明日、約5年住んだこのアパートから引っ越します。
荷物を増やさない私たちですが、パッキングが大の苦手な私にはとても大変でした。
でも、娘がまだハイハイできずに、狭いパズルマットから出ることなく遊んでいてくれたのは幸運でした。

旧市街の中心にあってすべて徒歩圏内、
古ーい建物なので趣があり、友人のみならず多数の住宅を出入りする業者さんにも感心され、私たちも大好きだったのでやっぱり寂しい気持ちになりました。
静かな中庭も素敵でした。

次のアパートはここから徒歩5分。
掃除にしても、リフォームの打ち合わせでも気軽に行けて助かりました。
今日、最後の掃除をして帰ろうとしたら、中庭で子供達が遊んでいました。
子供を見ているお母さん二人にご挨拶して、にぎやかで雰囲気の良い夕暮れ風景に嬉しくなりました。


IMG_0186.jpg

| 日々のこと | 21:53 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オーストリアの不動産事情

3月に引っ越しを控え、クリスマス後からこのアパートを次に借りてくれる人を探し始めました。
こちらでは賃貸物件も、不動産屋に任せる場合と個人で探すパターンがあります。

前の住人から買った暖炉、私たちが新しくしたキッチンとワンランク上のヒーターなどを、次の住人に売りたい(大家さん、不動産屋さんは全く関係ない取引)ので、私たちは自分たちで探すと決めていました。

キッチンを新しくするなどの大幅なリフォームは大家さんに事前に伝えますが、
あとはすべて私たちで好きなように行いました。
暖炉を作るなどのもっと大きな工事は、大家さんと前住人がお金を出して行った様です。

多くの場合は不動産屋さんを仲介し、壁を塗り直したりと現状復帰しますが、私たちの手元には何も残りません。
次の住人は、2ー3ヶ月分の不動産手数料を払います。
個人で探すと、案内を出す場所は限られるけれど、次の住人との交渉次第でリフォームした分のお金(減価償却費)が戻ってきます。
引き継ぐ物が多かったので、高めの減価償却費になりましたが(フェアな価格にしたつもりですが)、不動産広告の載っているウェブサイトへ掲載しました。

結果、掲載して4日で決まりました!(夫も私も、日本で営業職についていた甲斐あり・・・)
大好きなこのアパート、不便な点もあるけれど子供がいなければメリットの方が沢山。
次に住む方も、気持ちよく住んでくれたらいいなと思います。


P1000541.jpg

| 日々のこと | 22:10 | comments:5 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。